フブスグル湖周辺の観光開発開始

 自然環境観光省、アジア開 発銀行の支援により、フブス グル湖周辺の観光開発長期事 業を開始した。同事業は2期 で行われる。初期、貧困削減 日本基金の300万米㌦の融資 により、「フブスグル湖の自 然保護地の市民の生活を支援 し、持続可能な観光開発総 合事業」を2019年まで実施す る。フブスグル湖周辺の5郡 の郡民の生活を観光とつな げ、ゴミ・廃棄物マネジメン トモデルを整備する。
 第2期では「持続可能な観 光開発ローン事業」がADB の4000万米㌦のソフト・ロー ンで実施される。フブスグル 湖周りの40㌔の道路、30㌔の 送電などを改善する。

 フブスグル湖という淡水湖は モンゴルの北部に位置し、モ ンゴルのスェーデンと言われ ている。その湖を訪れる国内 外の観光客は多い。そこには トナカイを飼っているツァー タンという少数民族が住んで いて、観光に貢献している。
 

ニュースの全文はご登録者のみに限られています。

Түлхүүр үг: