南極大陸、キリル文字の像

1月7日、ブルガリアの在モンゴル大使館で、L.ドゥゲルジャブ在ブルガリア大使とブルガリアの南極観測関係者らが 「モンゴルとブルガリア南極観測基地敷地内において南極で初のキリル文字の像設置と 2017年度のミッション」について記者会見を行った。 ニコライ・オブチャロフ博士は、「人類の文化史にとっ て、キリル文字は重要な役割 を果たした。この文字に対する敬意を表するために像の設置を発案した。その初となる像をモンゴルで設置した。こ れに感謝の気持ちでいっぱいだ。モンゴルでの設置に協力を下さった南極観測団の一員 で、在ブルガリア・モンゴル 大使のドゥゲルジャブ氏やハ ン・オール区役所に対して感謝したい。南極で設置する像は、ブルガリアの一般市民の寄付金で、製作された」と述べた。 

一方、ドゥゲルジャブ大使は「今度、ブルガリアの南 極観測隊との同行でモンゴルから2名の専門家が派遣され る。彼らの任務は、モンゴルの南極観測基地づくりと気象観測機器の設置、ブルガリアの観測隊への支援や像設置に対する支援」だと、モンゴル南極観測隊について語った。 この像は、今月15日の南極観測隊の出発まで、ブルガリアのソフィア大学敷地内で設置され、一般に公開される。
 

ニュースの全文はご登録者のみに限られています。

Түлхүүр үг: