モンゴルは金採掘で17位

ニュースの全文はご登録者のみに限られています。

現在、国際的には米ドルなどの通貨で勘定しているが、 金は世界諸国の経済分野では重要な存在を占めている。各 国の中央銀行は通貨以外に金貯蔵があるが、世界的に見て、金保有は他の金属に比べ少ない。人類が誕生して以降、わずか17万トンの金を採掘したとの計算もある。採掘した金の60%は貴重品に使用 している。20%は国際金融機関、各国の中央銀行に預けられているが、10%はエレクトロニクスの工場および医学に使用されている。世界的に金を採掘している70ヵ国があるが、最初の10位には中国、ア フリカ、アメリカ、ロシア、オーストラリア、ペルー、カ ナダ、インドネシア、ガナ、 ウゼベキスタンなどの国が入 っているが、モンゴルは17位である。世界的に金は年間で 3000トンしか採掘していないが、金の採掘では南アフリカが100年以上トップになっていたが、2007年に中国が1位に入った。中国はここ7年間、世界トップの採掘者になっているが、現在、年間で360 トンを採掘しており、金属総 採掘の6%を占めている。トッ プの金採掘社はカナダの「バ ッリク・ゴールド」社でアメリカ、カナダ、オーストラリア、ペルーなどの諸国で27の金山を所有している。